FFRKのエーテルとは?

エーテルと思われるアイテムをドロップする敵

ffrkをプレイしているときに、道中で稀ではありますが敵がエーテルをドロップすることがあります。具体的にどのキャラクターがドロップするのか、アイテム名はどうなのかといったことに関して公表されていません。しかし味方全体のアビリティの使用回数を回復する効果があります。2014年の12月には、FF7神羅との抗争と呼ばれるイベントが行われました。これは高難度ダンジョンが目白押しの状態となって、けっこうプレイヤーは苦戦したといいます。この中でEXダンジョンの前身となるミッドガルが登場しました。このキャラは必ず落とす仕様が追加されていました。景品のブリザジャがマスタークリア報酬だったため、かなりの難易度で話題になりました

回復量とアビリティの使用可能回数の関係

エーテルによるアビリティの回復量ですが、それぞれの使用可能回数に依存することがわかっています。ちなみに使用可能回数の上限は精錬5にした場合に12回となります。使用回数が1回と2回、4回の場合には回復できる量は1になります。6回と8回、10回の場合には回復できる量は2となります。12回の場合に回復できる量が3となります。ちなみに上で紹介した相関の中で、5回に関する記述が書かれていないと思われます。これはなぜかというと、精錬度5の召喚以外ないためです。ffrkの攻略について紹介しているサイトはいくつかありますが、未検証となっています。このようにまだはっきりしたことのわかっていない部分がありますので、時に攻略法を使って、情報がない場合には自分で試行錯誤をして、どのように戦っていけばいいのかを考えていくことです。

アビリティを2つ装備していた場合の回復

エーテルは、使用可能回数を回復させるものです。1種類しか持っていない場合には、回復の対象がはっきりしているのでいいでしょう。しかしもし複数装備している場合には、どのように回復するのでしょうか?これは結論から言うと、自分でコントロールはできないようです。全くのランダムでどちらかが回復する形になります。ちなみにドロップされる前の段階で、一方を使用していたとしても、使用していない方が回復してしまうこともあります。使用回数が異なり、上で紹介した回復できる量が異なる場合でも、どちらが対象になるかは全くのランダムなので、実際に起きてみないとわからないわけです。ただし今後新しく情報が変更される可能性もありますから、ffrkの攻略サイトには定期的に目を通しておいた方がよさそうです。