レコードマテリア「魔力の泉」の威力とは!?

レコードマテリアとは

ffrkでは、2014年の12月に新しいシステムが追加で導入されました。これはどのようなものかを紹介します。

レコードマテリアというシステムなのですが、装備するだけで自動で効果を発揮してくれる、他のゲームで言われるパッシブスキルのようなものです。各キャラ別のものでも一度入手してしまえば別のキャラにも装備できるようになりますから、自由なカスタマイズが可能となります。種類もキャラごとに用意されていますから、豊富にあり、戦略もこれまでとは違ったものを立てることができるようになったのです。

具体的な入手方法としては限界突破を行うことでキャラクター特有のものをひとつ入手できます。それから、特定のクエストでスペシャルスコアを獲得することでもうひとつ入手することができます。

「魔力の泉Ⅰ」と「魔力の泉Ⅱ」の違い

ffrkに登場するレコードマテリアである魔力の泉ですが、こちらはⅠとⅡが存在します。どちらも黒魔道士特有のもので、Ⅰは限界突破で取得、Ⅱはハインの城のフォースダンジョンにてスペシャルスコア達成で手に入るのですが、この2つの違いは何なのでしょうか。

実は効果としてはバトル開始時に黒魔法アビリティの使用回数を1回復するというものなのですが、ⅠとⅡで決定的に異なる点があります。
それは、Ⅰが一定確率でアビリティの使用回数を回復すること、Ⅱが確実にアビリティの使用回数を回復することです。仮に50%と100%としても全く違うものであることが分かるでしょう。

魔力の泉の威力とおすすめの装備

ffrkで登場する魔力の泉ⅠとⅡ。この2つはすごい威力があります。

特にⅡの方は必ず装備した2つのアビリティの回数が1ずつ回復するため、同じアビリティを敢えて装備することによって1回で2つ使用回数を回復させるということもできます。

ラウンドごとの回復ではなく、ダンジョンの1階層ごとの回復ですから、戦闘で遠慮していた魔法を気にすることなく使うこともできるのです。
階層が少ないダンジョンであれば、この方法で強力な魔法を使い続けるといったことも可能です。

クエイクのような魔法を2つセットすれば、各層で2回クエイクを使うことができるというとてもお得な状態ができることを考えると、取得して損の無いレコードマテリアと言えます。

ハインの城のフォースダンジョンをクリアした際、特にドロップしたことがアナウンスされず、ひっそりと追加されているため、クリアした時には追加されているかどうか確認することをおすすめします。