バトルに効果的!「いあつ」がおすすめな理由

「いあつ」の効果と特徴

ffrkにはいあつというバトルに対して効果的とされるアビリティがあります。

このアビリティは、対象となる敵を高確率で麻痺状態にする効果を持っています。敵を麻痺状態にするという意味ではストップの魔法と効果は変わりません。

ですが、特徴的な点としてストーリーが進むにつれてストップに耐性を持ったモンスターが増えてくるため、こちらの方が役に立つことが多くなるのです。ストップの魔法を覚えさせるのならば、こちらを覚えさせた方が効果的とされているのです。

また、特徴的なのはストップの魔法が調整されたことによって、麻痺の効果がこちらの方が長くなったということが挙げられます。総合的に見ても、いあつのアビリティを覚えさせた方が効果的と言うわけです。

アビリティ「いあつ」の使い方

ffrkでとても便利なアビリティであるいあつの使い方です。

高確率で麻痺状態にできるため、雑魚戦に使うよりもボス戦に使った方が効果を発揮します。序盤ではストップでも効果があったボスでも、強くなってくるごとに耐性が出てきますから、そうした時にこのアビリティの出番がやってくるのです。

効果は数ターン持続しますから、効果が切れた頃を見計らって再び使用すれば再度相手を麻痺状態にさせることができます。

麻痺状態にする→数ターン効果が持続→切れる頃に再度麻痺状態を続ければかなり楽にダンジョンを攻略できるでしょう。1人だけでなく、2人くらいにこのアビリティを習得させておくとかなり楽にダンジョンを攻略できるはずですから大オーブをゲットできるくらいの強さになったら真っ先に習得するといいでしょう。

「いあつ」を入手できる生成方法

ffrkでとても便利なアビリティであるいあつ。この生成方法について紹介します。

まず注意しておきたいのはレアリティが4であるという点です。習得できるキャラクターはデジ、ティーダ、ワッカ、狩人、吟遊詩人、ゴードン、ルーネス、ティナ、リノア、ロックなどのキャラクターです。パーティーに習得可能なキャラが何人いるかもチェックしておきましょう。

生成には力のオーブ大を5つ、雷のオーブを8つ、そして6000ギルを使用することで生成できます。

もちろんですが、使用回数は多い方が絶対に便利ですから、出来る限り精錬することを考えた方がいいでしょう。限界回数まで精錬したアビリティを持っているキャラが一人いるだけでも戦闘がかなり楽になります。更に手間がかかりますが、このアビリティに関しては手間をかけて精錬するだけの価値があるのです。